トレーニング法 | すぐにできる!歌唱力を上げる簡単な方法

これであなたものど自慢

レッツイージートレーニング

早口言葉法と口パク法

早口言葉をいってみましょう。
どうですか?
かまずに言えましたか?
早口言葉を言うことによって、なんと歌がうまくなるんです。
一見関係なさそうな両者に見えますが、そんなことはありません。
早口言葉を言うことで、口周りの筋肉が鍛えられ、それによって口をスムーズに動かせるようになり、また声も出やすくなります。
それと、速いテンポの曲でも歌いこなせるようになりますよ。

口パク法という練習法をお教えします。
この方法のやり方は、自分の好きな歌に合わせて、口パクで歌うというものです。
このとき、少しだけ声を出してみてもよいです。
この方法でトレーニングすることは、音程のイメージをしっかり掴む、ということと、自分がまるで歌手になったかのようなイメージを持つということです。
音程を合わせ、自分は歌が上手い、というイメージトレーニングをしてください。

鼻歌法と腹式呼吸

鼻歌を歌ったことはありますか?
おそらくほとんどの人がイエスと答えるでしょう。
いわずもがな、言葉を用いずにフンフーンと音を発するあれです。
あれには意外な効果があって、高音を出しやすくする、という効果があります。
鼻歌を歌っているときには、のどの奥が開いており、高音を発するときと同じ構造になっているのです。
つまり、鼻歌を歌うだけで、高音を出すトレーニングができます!

腹式呼吸という言葉はご存じですよね?
お腹を使う呼吸法です。
腹式呼吸によってどのような効果があるかというと、強い空気圧で息を長く出せるようになることで、声量が大きくなり、よく通る声がでます。
練習法ですが、仰向けに寝っ転がり、めいいっぱいお腹がふくれるよう息を吸い込んだ後、3秒止め、ゆっくり時間をかけてはき出す、という作業を10セットほどすれば良いだけです。
寝る前にすることをおすすめします。


この記事をシェアする